株式会社ダイバーシティ

自分で助成金を申請する場合のデメリット

助成金申請を自社で行うことを検討されるケースがありますが、あまりお勧めしません。 過去に自社で進められたお客様より、以下のようなデメリットをお聞きします。


時間・労力がかかる

日頃助成金の申請に接していない担当者が、自社で申請を行おうとすると、非常にたくさんの時間とエネルギーを取られます。 毎年ルールや書類が変更になっていく事に対して、知識や経験がない担当者がそれに対応していくには、膨大な時間が必要になります。

また、書類が一度で完成し受理される可能性は極めて低く、書類を受理されるためには、職安に何度も足を運ぶ可能性が高くなります。 当然窓口は、平日9時から17時までしか申請を受け付けていません。日々の業務で忙しい経営者の方にとっては、助成金を申請するためだけに新たな時間や労力を生み出すのは経済的合理性に欠けると言わざるを得ません。

当社の場合、社内で行わなければならない業務をサポート致しますので、短期間で社内の時間をほとんどかけずに受理して頂くことが可能になります。

キャリアアップ助成金以外の助成金の獲得

助成金は1000種類以上あると言われています。 詳しく調べていけば、お客様が獲得することのできる助成金が見つかるかもしれませんが、なかなか見つけることは難しいです。

ですからもらい損ねる可能性が非常に高いです。当社がサポートすればキャリアアップ助成金以外にも的確なアドバイスを提供できます。もらえるはずの助成金を取り逃すことがで回避できます。

申請書が煩雑

助成金の申請書類は普段目にしない不慣れなものであり、記入方法も複雑です。記入に不備があると、せっかく多くの時間と労力をかけて作成した申請書も水の泡となってしまいます。

また、助成金を申請する上では、法廷帳簿や就業規則の提出を求められる場合もあります。書類を提出してしまった後に、労働基準法や要件に合致しない項目が見つかれば、申請が通らなくなってしまいます。

したがって、キャリアアップ助成金獲得をサポートする当社はいろいろなケースの会社様をサポートしてまいりました。まずは当社にご相談ください。

PAGE TOP